クリッカートレーニング

クリッカーの練習

クリッカートレーニングを始めたら最初にやるべきこと

さぁ、楽しく愛犬と一緒にクリッカートレーニングを練習しましょう

クリッカートレーニング:最初はこれからスタートです

クリッカーは、それ自体は最初はただのプラスチックの箱です。
このチューニングをやってあげることにより、このクリッカーの音がなったらいいことが必ずあるよ!と犬に教えてあげることにより、犬がそれを理解してくれます。

 

理解してくれると
楽しい事がいっぱい起こりますから、犬はこのクリッカーを使って遊んでくれる飼い主さんが大好きになってくれます。
たとえ失敗しても犬がおかしくなるような事はないので、まずは、やってみてください。

動画では、クリッカーのチューニング方法をご紹介しています。
習うよりは慣れろ! の精神でぜひ!、一緒にクリッカーを使って犬とのコミュニケーションを楽しみましょう

習ホームページでは、役に立つ取扱説明書と一緒にクリッカーも販売していますので、お問合せください
 

トリックもお教えしています。ぜひお問合せしてください

≫ 続きを読む

2014/01/16 クリッカーの練習   admin

クリッカートレーニングって何?

クリッカーとは、単なる鉄の板の入った消しゴムくらいの箱にすぎません。これ事態は、おいしくも楽しくもないのですが、これを愛犬の大好きなものと結びつける練習をすることで、愛犬は、このクリック音がなると一生懸命になって学習してくれます。だから、躊躇せずにクリッカーで遊んであげて犬のしつけを楽しく薦めてほしいと思います。やってみてうまくいかないこともたくさんあります。が、うまくいくこともたくさんあります。

クリッカートレーニングって何?
What is clicker training?- dog training

クリッカートレーニングとは、おやつやおもちゃ、環境等犬が大好きなものを
つかって犬の日ごろの行動をさらに強化していく動物に対するトレーニング方法
のひとつです。

クリッカートレーニングは単に、犬にすごい芸をしつけるのではなく、
犬の日常のトレーニング、もっとも犬のしつけにも役に立ちます。

例えば、犬の日常の行動をクリッカーを使って学習する事により
どんな環境や状況、興奮してしまう刺激の中にいても、
ふせで落ちついてまつことができたり、
おすわりなどのどんな、指示に従えるように練習することができます。

また、こわがりさん、すぐに興奮してしまうような犬、あまり一緒に
遊ぼうとしない犬でも一緒に練習をできるようになれます。

 

クリッカートレーニングには、以下の3種類の方法があります。

1)キャプチャリング:犬が自然にした行動対してクリッカーをならして強化していく
2)フリーシェーピング:普段犬がやらない行動をクリッカーえ教えて強化していく
3)ローリング:スピン、立ったまままわる、犬の周りをまわる等々

 

クリッカーは、指で押すと金属音がして、犬にはとてもよく聞こえます。
だから、犬がこの音を好きになってもらうように、初めに小さな消しゴム
のかけらをクリッカーをおす反対側にいれて、

音を小さくする工夫をしてから使ってくださいね。

犬は目を輝かせてクリッカーの音を聞いてくれるようになるはずです。

 

1)クリッカーのチューニングをして

 

初めてクリッカーの音をきいたり、見たりしても犬にはそのもの事態には

何の興味もありません。

だから、

このクリック音がしたら犬自身が良い事がおきるよ!と関連付けて学習

し、楽しみになってもらうためにチューニングを行います

 

【重要な約束】 
クリッッカーを鳴らしたら必ず1個以上のおやつをあげます。

 

 

【やってはいけないこと】 

クリッカーを鳴らしたのと同時におやつをあげない。

理由は、犬は同時に2つのことを覚えられないので、

いづれかひとつになってしまいます。

同時にやっているといつまでたってもおやつがもらえるという事実しか犬の脳に残りません。

だから、クリッカーの音を鳴らしてから ひと息ついてからおやつをあげてください。

 

 

【おやつのあげかた】

おやつは手から上げても、地面においてもよいです。

 

 

【何回ならすか】

ひとつのトレーニングで10回~20回ならしておやつをあげます。
【クリッカーに消しゴム等をつめていない場合】

かなりの金属音がしますので、犬の耳のそばではならさないでください。

 

 

【ローリングのトレーニング】
1)おすわりをさせて、おやつをおすわりの鼻の位置にもってきます
2)その手を頭の後ろまでもっていきます
3)そのとき犬の前足が浮いたら、クrッカーをならして手のおやつをあげます

※後は練習です。そのうち、おやつを抜いてできたら、おやつをあげましょう

 

 

【スピンのトレーニング】

1)おやつを持った手を犬の鼻の前で右回りします
2)犬がその手についてきて1週回れたら、

3)クリッカーをならしておやつをあげます。

※1週回れない犬には、1/4週でクリッカーおやつ、

1/2週でクリッカーおやつと練習し、最後に1週の練習をすると
スムーズです。

 

【右向け右!】

1)犬は左につけをしておき、
2)手を犬の正面で、左に動かします
3)犬がその手の方に向いたら
4)クリッカーをならして、おやつをあげます。

 

【フリーシェイピング】

フリーシェイピングはどんな動作でも犬に教えることができます。

ただし、犬が日常やっている動作ではなくなるため、
犬自身にもストレスがかかる場合はがあります。

1つの例は、前足で逆立ちしてあるく をやります。

1)最初は、後ろにさがったら

2)クリッカーを鳴らしておやつをあげます

3)後ろに本を重ね始めて

4)徐々に高くします。

5)最終的には、前足だけで歩けるように理解できます。

 

【キャプチャリング】

これは、日常犬がとっている動作をクリッカーをならして強化していく方法です。

 

クリッカーを1個から販売しています。
特典として、愛犬嵐君とのクリッカートレーニングのマニュアルをプレゼントしていますのでこちらからお問合せ下さい。

 

 

≫ 続きを読む

2014/01/16 クリッカーの練習   admin

クリッカートレーニング:どうやってトレーニングすればいいの?東京都渋谷区で犬のしつけ

愛犬を家の迎え入れたら、その日からが人犬との真剣勝負です。犬は1歳までに人の15倍の年齢、15歳になります。だから、3,4ヶ月のパピーの好奇心旺盛な時期にまず、いろんなものに慣らしてあげて、たくさん遊んであげましょう。クリッカートレーニングは、犬との絆をつくるとてもいい遊びです。「しつけ」というかしこまったものと考えず、ボールやフリスビーの1つと思って一緒に遊んであげると、犬の目の色がかわります。犬は、楽しいことやおいしいこと、うれしいことが大好きです

どうやって犬のトレーニングをするの?
(クリッカートレーニングを遊ぼう)

1. How to training your dog

 

犬のトレーニングは、4つの方法があります。

1)あなたが犬にやってほしいことトレーニングするこ
2)犬がやってほしいことをリストアップすること
3)犬にやってほしくないことをリストアップすること
4)犬がやってほしくないことをやった場合、それをやってほしいことに置換していく

1)の例

例えば、あなたがテレビをみているときに

愛犬が、ソファのしたでおとなしくまてしていれば

その行動を強化してあげます。

強化するとは、その行動がいいことだと教えてあげて、

犬がうれしいおもちゃや、おやつをそのたびに

与えてあげます。

このおもちゃやおやつが条件となり、犬は、このソファの下に

ふせてまっているという行動をよくとるようになってくれるというわけです。

 

2)の例

例えば、愛犬はソファにあがってもいいですか?

これは、一人よって、ソファに座ってくれるのがとてもうれしいから良いひとと

大型犬だから、ソファに人がすわれなくなるから ダメな人と

いろいろな考え方があります。

だから、犬にやってほしいことをリストアップし それを何度もほめて

たくさんやってくれるように愛犬に教えていってあげて、その数を増やすことです。

 

もし、やってほしくないリストがあれば

それは、やってはいけないということを愛犬にこちらも教えてあげなくてはいけません。

これは、犬をよく観察し、やってほしくないことをやろうとした途中で、

止めさせるように見張っていることが大切です。

そして、なるべくやってほしくない行動は やらせないことです。

 

 

 

≫ 続きを読む

2014/01/16 クリッカーの練習   admin
お気軽にお問い合わせ下さい