犬を飼い続けるためにやるべき事

トリミングの噛み防止にバスケットマズルを好きになる

トリミングサロンでは、「とてもいい子にしてましたよ~」なんて、お預かりでお返しされると思いますが・・・・多くの犬が、トリミングやグルーミングが嫌いです。そもそも、犬はブラッシングをされたり、カットされたり、好きなはずがないのです。

でも、中には優等生がいて、いかなる場合も、微動だにしない、しつけの行き届いた子がいて、トリマーさんをとりこにさせます。でも、この犬すらももしかしたら、恐怖のあまり、フリーズ(硬直しているだけ)なのかもしれません。

 



 

prettydog_0...

トリミングの噛み防止のためにバスケットマズル を試す

多くのトリマーさんが、犬に噛まれています。
その事実を、飼い主さんに伝えないままに頑張っているお店も
たくさんあるんでしょうね。

トリミングは、決して犬の大好きな行為ではありませんが、好き
ではないけれど、噛む結果までは 派生しないように、嫌いでは
ないように練習してあげることは大切です。

もちろん、トリミング素人の飼い主と 何千頭もカットしてきた
トリマーさんでは、ホールドする方法の違いや、器具や、環境
(お店という慣れた場所(家)ではないところ)等々、いろんな
要因が重なって噛み犬もおとなしくなる場合も多々あります。

が、今回は、噛み犬を自宅でトリミングするために、
飼い主が噛まれないように

「バスケットマズルを口にはめることを好きになる練習」

を始めました。

 

もちろん、2頭目スカイです。

すっかり、毛も伸びてしまい、シャンプーはどうにか頑張れますが
カットではこちらの集中度もカットにいってしまい、普段同様の
犬のカーミングシグナルを見逃して、ガブっとやられてしまっては
困るので・・・・・

 

バスケットマズルは 以下のようなものが良いです。

 

ここでポイントです。届いたからといっていきなり犬の口にはめてしまったら
犬は恐怖を感じて、バスケットマズルを見せた瞬間にがぶっと
噛んできますから、要注意!!!

 

1)まずは、バスケットマズルを 手に取り犬に見せる
→ 動じなかったらクリッカーを鳴らして おやつをあげる

何回かやって、マズルをみたらおやつをもらえる を犬の脳に刷り込みます

2)マズルの先端の中におやつをいれて、犬の鼻に近づけます
オヤツは、大きめ(出し惜しみせずに、最初が肝心なんです)を入れてくださいね。
→ 動じず、マズルに自らが鼻を近づけておやつをたべるために
  マズルに鼻を入れることができたら、

→ そのままマズルを動かさず、おやつをたべてもらいましょう
→ これを何度も繰返します。
→ 時間や場所も変えて何度もやってください。

何度もやって、マズルのなかのおやつを食べられる を犬の脳に刷り込みます。
毎日、1週間くらいやってあげましょう

 

3)実際にバスケットマズルを装着して、紐をひきしめます。

その後、バスケットにおやつをいれてみましょう。
それを食べれたら、外してあげましょう。

4)実際の装着時間を長くしましょう

5分、10分、15分、1時間・・・・・・

本番は、ばっちりになりますね。
 

 


 


 

フードジプシー、噛みつきの防止、人なれ、犬なれ 分からないことがあればご相談下さい。
 

 

 

2014/03/06 犬が来たら   admin
お気軽にお問い合わせ下さい