犬を飼い続けるためにやるべき事

ダメなことは絶対にダメ という一貫性

子どももそうですが、意見がコロコロ変わるとその人の話してくれることの信憑性を疑いはじめます。犬も実は、同じで、指示することに一貫性が必要です。特に、女性は、その場しのぎで指示が変わることが多いので、犬が指示に従ってくれない状況に遭遇する機会が多いです。
 

指示には一貫性をもつことが大事!特に女性には・・・・必須。

hitou.JPG

 

この場合の一貫性とは、ソファに乗せない ときめたらこれから先もずーっと乗せないこと。来客のときはいいとか、お客様の横に座るならいいというのは、高度なテクニックです。
指示に100%従ってくれている愛犬なら、どんなことをしても大丈夫でしょうが、都度都度の指示に従ったり、そっぽを向かれたりしている愛犬には、指示に一貫性が重要です。

 


玄関をでるときは、必ずおすわり(もちろん最初は、おやつ有でもなんでもいいんです)
1回の指示で1回行動が鉄則

何度も「おすわり・・・おすわり・・・おすわり・・・・・・・」の末の 「おすわりの行動結果」は、おやつに値しません。
鉄則は、一貫性をもって 指示を出す → 1度で行動結果を出してくれないのであれば、おやつを鼻元にてんこ盛りで持って行き、においのみ でこちらの指示を主張することをおすすめしています。

言葉でわからなければ、本能に問いかける というわけです。

犬は捕食動物です。鼻元にもってこられた 最高のいいにおいの食べ物をいらない と思うわけがありません。もし、いらないという犬がいたとすれば、それは、何度も指示されたあげくのおすわりよりも、目の前に出されたおやつの力が無い(=そんなのはたいしたオヤツではない)と 犬が勝手に判断した結果なのです。

飼い主さん(あなた)の指示に対して、愛犬に迅速な最高の行動結果を実現させたいのなら、本気モードで立ち向かうことです。本気モードを犬は瞬時のうちに見抜く力をもっています。

だから、家族内で パパのいうことは聞くけど、ママや子どものいうことは一切聞かない・・・・ というような愛犬がたくさんいるのです。これは、パパの何気ない声のトーンや、背格好の大きさなどの圧力等々が重なり、ママや子どもたちよりも威厳があり、従っておいたほうが得策だということを 瞬時にかぎとった結果なのです。

だからといって女性に同じことができないわけではないのです。

但し、女性は一貫性がなくなりやすい生き物なので、主義主張には、常に一貫性をもつことをオススメしています。

一貫性のある指示に、本気モード
 

上記の2つの条件がうまく重なれば、パパよりもママのいうことをきくようになります。
 

犬は賢いですが、人間の3歳の知能といわれています。人間がコントロールできないことは無いので、尊重しながら、指示に一貫性をもたせ、本気モードで立ち向かってください。
最高のパートナーになれます。

 

フードジプシー、噛みつきの防止、人なれ、犬なれ 分からないことがあればご相談下さい。
 

 

 

2014/01/07 犬が来たら   admin
お気軽にお問い合わせ下さい