犬を飼い続けるためにやるべき事

ダメなことはダメ

ダメ という言葉は、人間の子供を育てるときでも100回以上はつかっているはずです。犬でも「ダメだよ」とは100回以上言っているはずです。でも、犬はダメなことを止めません。なぜでしょう???それは、ハッキリとは理解していないことがあげられます。だから、ダメなことは何があってもダメだと犬に理解してもらうことが大切です。

ダメなことは何がなんでもダメですよ

知らないことはたくさんあるよ

ダメなことには一貫性をもつことが大切です

「ダメ」なことが、状況によって異なると犬は「ダメだったこと」が「少しでもダメじゃないときもある」と理解し、あまり効き目がなくなります。だから、ご家庭のルールで「ダメ」を決めたら、一貫してダメを通してください。

では、どうやってダメとおしえるかというと

一番効果のあるのは、おやつを使った方法です

Step1:おやつを手にもつ
1)手に持ったおやつを 犬の鼻の位置よりも30cmくらい上から犬の鼻の高さまで下ろしてきます
2)犬は、上を見上げて目線をずーっと自分の鼻の位置までおろしてきます。
3)鼻の位置までおろしたては、犬の鼻より10cmくらいはなしてください。
4)そこで、犬がおやつをたべたいので手のほうに少しでも動いたら
5)おやつをまた、1)の場所に戻します
6)このときは無言です。
7)それを何度も繰り返しますが 2回目以降で動いたら
8)言葉をつけます。手をあげると同時に 「低い声で 「ああああ」といいます

9)少し変だとおもうかもしれませんが、これは効き目があります。
10)もう一度鼻の位置にてをおろし、
11)犬が動かなければ
12)そのまま鼻の側に手を差し出して、おやつをたべさせます

 

オビデエンスは、おすわり、ふせ、まて、ついて は、お散歩の途中や、テレビをみている合間に等々、わすれそうになったころにやってあげる感覚は、1歳過ぎまでやってあげましょう。
トレーニングをしすぎておかしくなった という犬はいません。

 

犬のしつけで分からないことがあればこちらからご質問下さい。

 

2013/07/23 犬のしつけ   admin
お気軽にお問い合わせ下さい