犬のしつけの結果報告,犬のしつけ,東京都渋谷区,犬の吠えの改善,お散歩のひっぱり

いたずらだらけでノイローゼ気味

外出中に部屋がすごい事になっています

頂いたご質問内容は以下のとおりでス。

里親になりました。
今 までサークルや、クレートなどにいれて飼ったことがなく、サークルに入れるとかわいそうなのですが、マーキングもひどく外出から帰宅すると部屋中すごいこ とになっています。いつになったら、しつけができて温和に暮らせるのか検討がつきません。これからでもサークルやクレートに入れたりして、飼いかたを変更 したほうがよろしいでしょうか?

 

その際は、どのように対応したらよろしいのでしょうか?

室内フリーで飼い始めましたが・・・・帰宅すると部屋中すごいことに

 

里親をお迎えになった心温まるかたからの質問をおうけしました。
里親犬を迎え入れる以前は、サークルやクレート等を利用した飼いかたはされていないかったとのことです。しかも、そういうことをしなくても、愛犬はおとなしかったようです。

しかしながら、この度迎え入れた犬は、前任者の飼い主さんがお散歩をあまりされなかったようで、迎え入れたものの室内のマーキングや、部屋中いたるところにおしっこをしてしまい、ある部屋に区切って外出すると、帰宅後部屋中荒らされていて、掃除する毎日だという現状でした。

ご相談内容は、このまま室内フリーで飼い続け、おしっこやおすわり、ふせなどのしつけを覚えてもらいながら、現状を少しずつましにしていくのか?  サークルやクレート等、物理的な環境において、犬に制限を与えた状態で飼い続けるのか?というどうしたらいいのか 悩んでいるお話でした。

 

 

犬は現在1歳ちょっと、これから14,5年は行き続けます。 

最も重要なポイントは、

一度迎え入れたら生涯飼いつづけてあげる ということです。

そうなると、やはりサークルをスタートして、犬に制限を与え、サークル以外の
場所にだしてもらえることを 特別でありがたく楽しい事である という認識を
刷り込むことからはじめるのがいいでしょう。

忠犬ハチ公もいましたが、犬には最初は我慢が必要です。

最初に教えた我慢は生涯犬にとって大切な内容になり、飼い主である人間と
共存していくための最も必要なルールです。

体罰や、チョークカラーでひっぱるわけではなく、
・飼い主と散歩にいく
・ご飯をもらう
・遊んでもらう
・かまってもらう

上記は、宝石のような価値があることを犬に理解し、認識してもらうことが
必要なのです。

 

たくさん価値のある試練をあたえ、それをクリアできたらご褒美をあげる
この繰り返しが、犬と飼い主さんとの絆を深めるわけです。


 

 

犬のしつけ で分からないことがあれば、こちらからご相談下さい。 メールは、無料にてご回答させていただいております。

≫ 続きを読む

2014/01/04   admin
お気軽にお問い合わせ下さい