自分で愛犬の肖像画を上手に描ける方法!これは素敵!

How to paint your pets portrait 

犬を本当に愛しているんだなぁと実感させられます。

最近は、スマホも普及し手軽に、お散歩中の愛犬の写真を撮ってあげられるように
なりました。が、こんな肖像画も素敵ですよね!

絵心がなくても、手順にそってやってみればそれなりの絵がかけます

用意するもの:キャンバス、描きたいと思う犬の写真、鉛筆(6B)、アクリル絵の具、筆

Step1:イメージをきめて、バックカラーを仕上げる
1)書きたいイメージの写真を印刷して、キャンバスにイメージします。
2)バックカラーは2色を塗り重ねます
3)次の工程に進むときは、完全に乾かしてください
※ドライヤーで乾かすことをおすすめします
※手でさわってみて、乾いたことを確かめましょう
4)2色目のバックカラーは3色の絵の具を混ぜて作りました
黄色、白、オレンジの3色にほんの少しの青を足して色目を落としました

5)これで塗り重ね、乾かします

 

Step2:イメージを写真から、キャンバスにおきかえます
1)絵心が全く無い人は、写真の紙の裏側の書きたい部分を
鉛筆で真っ黒に塗ります(B6,8のようなやわらかい鉛筆が効果的です)
2)真っ黒にぬったら、ティッシュでさらに表面をふきます
3)表を上にして、キャンバスにセロテープで固定します
4)ボールペンで、イメージのアウトラインを上からなぞります。
※ここで忠実に描いておくと後でとても役にたちます

ビーグル犬のような場合は、

1)最初にベースの大枠の部分を書き写し、色をぬります
2)よく乾かしてから、ベースを塗った上に、詳細部分を転記します
3)その後、詳細の部分を絵の具で書き足していきます


 

Step3:絵の具を使って描きましょう
1)写真の犬の色をみながら、絵の具を混ぜて近い色をつくりしあげます
2)バックカラーを変えたくなったら、ペーパータオルやスポンジに
含ませて、色を変えることもできます。

 

ぜひ、私もやってみたいと思います
愛犬だけでなく、人の肖像画もかけますね

毎日、犬にやってあげるといい 犬のしつけ クリッカートレーニングに
ついて記事
を書いています。

犬を通じて、つながり、自分にも家族にも犬にも幸せな時間を共有して
頂くことが、私の願いです。
 

犬はトリックを練習すると目が輝きます。
なんらかの指示を出してくれて それに僕(犬)がしたがって行動してくれたら
おやつをくれる = 一緒になって遊んでくれる飼い主さんが

とてもいい人なんです。

と学習します。

おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
うれしいこと! をたくさんやってあげて、

いい人になりましょう

そうすることにより、犬は、飼い主さんに興味を示す
ようになり、指示に従うようになってくれます。

 

 

実際にプロのトレーナーである私と犬のしつけについて学習してみませんか?
・自宅にいながら一緒に学習でき、
・愛犬に改善がみられなかった場合の「全額返金制度」がある
・安心して、「インターネットで犬のしつけ:トレーニングが学べる」
・1年間の期間を通して学べるトレーニングは他にはありません

私が実際、経験したような
犬との会話が成り立つようになる・犬の思っていることがわかるようになる
私のメソッドで一緒に 犬といっそう楽しい生活を 送りませんか?

犬のしつけをすると以下のメリットを体感いただけます。

・犬との会話が成り立つようになる
・犬があなたをより一層信頼してくれるようになる
・あなたの指示に従うようになる
・犬の眼の輝きが増す

トリックをお教えしています。ぜひお問合せしてください

お気軽にお問い合わせ下さい