犬自身に気づき を与えるのは飼い主の役目

 

犬がなかなか飼い主の言うことを聞いてくれない 光景は当たり前の状況になっていますがこれは、このままではいけないし、改善することもできるので諦めないでほしいと常々思っています。

ただし、間違って対処してしまうと逆反応となり、現状より悪化するケースにもなる可能性もゼロではないため、慎重に現状を判断することは大切なことです。

 

犬は、以下の考え方をします。


犬にとって好い事は、ずっと好い事が続く

犬にはとって嫌な事はあ、嫌な事がずっと続く

だから、嫌だと思っていることは好い事に、認識を変えてあげる必要があるのです。例えば、足をふくのが嫌だと思っている犬には、足をふくタオルを見せて、そのタオルが危害を与えないことを犬が認識する必要があります。この気づきを与えることは、簡単ですが、根気が必要です。焦ると急ぎすぎて、リバウンドをまねきます。

なんでも、結果を出すためには時間が必要な場合が多いのも事実ですね。

 

 

お気軽にお問い合わせ下さい