食糞の原因は いろいろ・・・・ です。

sky_131116.JPG

食糞を目撃するとなんともつらい、嫌な感じがします。飼い主さんの精神状態を思うとなんとも
つらいものです。実際、私の2頭目のスカイも食糞がありました。
我が家で食糞を目の辺りにしたときは、ショックでしたね。

正直、犬のかわいさが半減します。

なんで、こうなっちゃったのかな? とその日は、スカイの側で問いかけたのを覚えています。
食糞には、原因があるのです。

他の動物で食糞をする代表では、「ウザギ、モルモット」が知られています。これは、うんちを
たべて、体内にビタミンを補充するという理由で たべているので必要不可欠な行動です。

では、犬の食糞は当然な行動なのでしょうか?

 

その答えは、NO です。 当然な行動ではありません。
もちろん、出産食後に子供の排泄物をきれいになめてくれる行動は当然です。
この母親の排泄物をきれいにしてくれる という行動により、のちのち犬が、自分の寝る場所を
キレイにして、同じ場所に排泄しない という行動にむすびつくのですから・・・・・・

原因はさまざまですが

1)フードの不足しているから
2)消化器等の異常から
3)うんちを長時間放置しているから
4)ひますぎて

 

2)は病院で検査が必要です。
しかしながら、普通に元気に活動できているようであれば、1)3)4)が原因な場合が多々あります。

 

対処方法としては、
ウンチをするタイミングを飼い主が把握すること からはじめましょう。

大体、犬がウンチをする時間帯ですが

1)散歩のとき (十分な時間30分くらいか、腸が動くような散歩内容をする)
2)食後、10時間以上経過した時期

散歩を定期的な時間に行ってあげると 犬はウンチをするようになります。
そして、

外でウンチをしたときに、ご褒美と結び付けて 外でウンチをすることが大変いいことだ ということを犬に刷り込んでいく練習をすることです。
 

例えば、
室内でウンチをしても おこらない
しらんぷりして片付ける

サークルでウンチをしても おこらない
食べてもしらんぷりして 後片付けをする

ようは、現状のウンチを食べる という行為について 無関心をよそおうことです。

 

そして、

ウンチをたべることより 外でウンチをした後に おやつをたくさんあげ、外でウンチをしたほうが
いいことがたくさんおこる ということを犬に受け付けるだけなんです。

 

ウンチをした後、食べたことを怒ったとしても、犬はちっともくたばりません。
怒ったことは、犬には伝わらないんです。  だから、怒ってはいけないんですよね。

でも、怒りたくなることもわかります。

ただし、怒ったことを犬が理解してくれるように怒ることができたら、それは怒ってもいいですけれど・・・・
(これはなかなか難しいです)

 

 

外でのウンチのあとのほめ方

1)お散歩する途中でうんちをうながす
2)ウンチをし始めたら、ウンチをし終わった1秒後に すかさずおやつをあげる準備をする
3)1秒後に食べさせる量は 初めてのときは、手にてんこ盛りくらい
おやつの種類は、においの強いおやつ(チーズとか、レバーといったにおいがきついもの)が よい 
4)上記をおしっこの時も同じ事をしてあげる

 

※2回目以降のウンチの時のおやつの量は、2,3粒に減らして大丈夫です。
※一番最初のインパクトが大きいことが重要なので、1回目は、これでもかというくらいの量をあげましょう

 

上記を繰り返していると、犬はそとでウンチをするようになってきます。
そうすると、室内でウンチをする回数が激減しますから、ウンチを食べる機会が減ります。

室内でウンチをする機会がでてきたら、外と同じように ウンチ後、1秒後におやつをあげる準備をして
犬のウンチが終わるや否や、おやつをあげてください。

おやつを食べているすきに、ウンチを片付けます。

サークル内でウンチをしはじめたら、
  
ウンチ後、1秒後におやつをあげる準備をし、ウンチが終了したと同時に、サークルの扉を開けて
おやつの方に犬を誘導します。

 

いづれにしても、犬を観察する目 が大変重要です。

 

排泄は外でを推奨しているようにとれる文章になっているとのご意見を承りました。
決して、外のみの排泄がよいといっているのでは決してありません。
室内外でもどちらでも排泄ができることが最も望ましいと思います。しかしながら、
食糞でお悩みの方については、食糞行動がなくなることが優先的な場合は、順を
おって、最終的な望ましい状況にもっていってあげることも大切なことです。

 

まずは、
1)うんちを食べない機会を増やす
2)うんちへの固執している気持ちを解放すために、うんち後は1秒後におやつをあげる
3)
そのタイミングでウンチはすばやく片付ける
4)練習を重ね、最終的には室内外いづれの場合でも うんち ができるようになる。

 

 


 

 


犬についてお悩みがあれば

 

メールのやり取りであれば、無料でご対応しています。こちらからご連絡下さい。
 


 

お気軽にお問い合わせ下さい