愛情だけでは、1歳を過ぎたら 問題行動がではじめます

アメリカのジオフラフィックチャンネルをもつ シーザー・ミランは常にいっています。

問題行動の起きた犬には、リハビリテーションが必要で、
その愛犬の飼い主さんには、しつけが必要なんです ・・・・・ と

そして、愛犬には

1)信頼(Trust)
2)尊敬(Respect)
3)愛情(Love)

の全てが必要なのです。
 

どんな犬も最初はパピーで、何も分からず何も判断できない状態で無防備に生まれてきます。
その後、最速で成長する成長過程の中で、身の危険を感じたり、恐怖を感じたりして
犬自身が勝手に判断することにより、悪い方向に進んだことが 「犬の問題行動」として
表面化しているわけです。

 

今、うちの愛犬はおとなしいから大丈夫! 

というのは、実は完全には安心できないことです。
もし、その飼い主さんが、積極的に犬のトレーニングを愛犬に施してあげていれば

その答えは正しいです。

 

しかし、ただただ愛犬がおとなしく、トレーニングもしていないのに、いい子だというだけでは
絶対大丈夫という保証はありません。

 

ある日突然、今までに遭遇したことがない恐怖を感じてしまったら、今までのように
おとなしいままでいられるかの保証がないのです。

 

だから、どんな犬にも 飼い主さん自身が積極的に基本トレーニングをやってあげて
ほしい というのが私の願いです。

 

どうやったら、おやつをあきらめられるのか?   こわがり犬が人を好きになれるのか?
ご相談はいつでもおうけしています。

お気軽にお問い合わせ下さい