得意なことをほめてのばす 育て方

shoppiing.p...

愛犬の得意なことをみつけてほめてあげることにより、犬は飼い主をより一層信頼することにつながります。
この信頼の基本ができていれば、そうそう怒ったからといって犬が歯をむいたり、威嚇したり、攻撃したりしてくることはありません。 問題なのは、常に怒ってばかりいて、ちっとも犬をほめず、悪さ(人がやってほしくない行動)をしたときだけ、一層しかりつける・・・・ この繰り返しが負のスパイラルを招き、犬の問題行動を助長しています。

 

いつも怒ってばかりいないで、
簡単なことでも指示に従ってくれたら、大げさにほめてあげましょう。ほめてあげれば、犬は必ず答えてくれるようになるからです。
どんなにほめたのに、ちっとも言う事を聞いてくれない というのであれば、それは、まだまだほめるという行動が犬に伝わっていないということです。

 

ほめることが犬にとっていいことだと犬に認識させるもっとも簡単な方法は、いい事をしたときに「おやつを与えてほめる」ということです。犬は、おやつをもらうタイミングでそのときに行った行動を繰り返し行うという行動習性があります。 その習性を生かして、犬にいい行動(人間がやってもらいたいとおもう行動)を何度も犬が自らやってくれるように仕向ける 練習が最も効果的です。

 

噛み犬、威嚇犬、家の中での問題行動の解決方法等々、わからないことはこちらからご相談ください。


 

お気軽にお問い合わせ下さい