犬のことは犬から学ぶ~

131204_0652...
実は お兄ちゃん大好きなんだよ!

 

犬の気持ちは、実際のところ100%はわかりません。
クリッカーでいろいろ、しつけを練習すると、かなりの言葉を理解できるようになるので、
そうすると、会話が成り立ってきます。

また、よーく観察することにより、何が恐くて、何が嫌で、何が好きで、 人間が思っても見なかった瞬間に恐怖を感じたり、同じようなことでも状況が変われば、全く恐怖感も感じなかったり・・・・ と観察する力を養うことにより、改善されることも多々あります。

 

いつもご自宅にお伺いするたびに、ワンワン泣いていたワンちゃんのリビングのカーテンを閉めてもらったら、その日から全く泣かなくなりました。   とか


ご飯の器を変えて、器を置く位置をちょっと高くしただけで、 今まで器に近づくと 「うーっ」とうなっていたワンちゃんだったのに、全くうならず、食事の途中でも 器を取れるようになりました。  とか

本当に些細なことで、改善される行動もあるんです。

 

それには、愛犬を日頃から観察し(がん見せず)、日常のいたるところの部分で 犬が何を感じ取っているのかを犬目線で考えてみると 以外に簡単なことで 改善されたりするものです。

 

 

とは、いっても現代人の私達は、日常を忙しく生き抜いています。確かに、犬を観察すれば、何らかのヒントは
あるでしょうが・・・・・ その時間を作るのは大変なことです。

 

だから、ながら観察をオススメします。
・散歩をしながら・・・
・テレビを見ながら・・・・
・食事をしながら・・・・
それなら、できるのではないでしょうか?

 

愛犬をより一層かわいく思っていただけるように、飼い主さんがやってほしくない行動は、飼い主さんが気付いてあげることにより、改善されていくケースも多々あります。

愛犬の性だけにせず、自分の眼力も鍛えてくださいませ。

犬の問題行動、フードジプシー、困っていたり、普段人に聞けないことでも なんでもご相談下さい。
 

 

お気軽にお問い合わせ下さい