お腹空いたよね。 おなかすいたねぇ~ お腹空いたよね。

フードジプシーとは、ドッグフードを変えても変えても、また、
すぐに愛犬がそのドッグフードを食べなくなることの 例えです。

この悩みをお持ちの方は以外に多く、トッピングや、好物のものを混ぜたり、して、食欲の減退を防いでいます。
しかしながら、そんな愛犬に限って、痩せているわけではありません。一体どういう事なのかと思うところです。

察するに、ドッグフード以外の美味しいもの、味の濃いものを食事時間以外に与えているのではないのかな?
と推測するところです。本来犬は捕食動物であり、狩をして自らの命のために食事をする生き物です。


その犬が目の前にある食べ物をたべない、残す、という行為は、犬本来の本能の欠落になります。  
私たち人間でさえ、こんどいつ食べられるかわからない高級食材の料理を目の前に出されたとしたら、
既にその時点で、お腹が空いてなくても、つい食べ始めるとおもいませんか?    あるいは、おなかがすいていたら、
多少まずいものでも、食べるのではないでしょうか?  

 

犬の食に対する考え方も同じです。今度いつ食べられるか予測ができなければ、今たべておくはずです。

それが、食事をたべなかったら、飼い主が心配してより一層イイもの、肉や、いい匂いの新しいフードを与えていたりするのでは????

 

それなら食べずに待って見た方がいいと思うに決まってます。 成犬であれば、断固として食事以外の時間におやつをあげないことです。 
犬は3日間くらいは食事を抜いてもどうってことないそうです。
現に私も、2頭目のスカイには、丸1日半の食事を抜きました。

理由は、出されたものを食べなかったからです。確かにスカイは、やせていました。食事が細いと前の飼い主さんも言われていたこともありました。 咬み犬であり、かつ、ご飯まで食べなかったらこの先、面倒なことになる! と思い、食事は、出されたものを食べるように、食事を囲わないように(いつでもフードボールを人間がさわったり、わざと取り上げたりできるように)練習しています。   そして、食べないものはとっとと下げて 再度与えることはありませんでした。 かれこれ、1日半(3回分の食事)を抜いて、その結果は・・・・・・。 その後、彼は問題なく、問題があるとすれば、「勢い欲がつがつだべてしまうこと」 それ以外はいたって普通の犬となりました。

犬のしつけでわからないことがあれば、質問してみてください。メールでのお返事の場合は、無料でご対応しております    

お気軽にお問い合わせ下さい