犬は、我慢できるようになるとおとなしくなれる

131204_0652...  

咬み癖、威嚇ぐせのあった(過去形)スカイも。今や模範犬の域に到達しています。
もちろん、気分やなので、トレーニングが途中で中座することも多々ありますが、それはあまり、強制せず本人のペースで物事をすすめているのが現状です。人間でいうと気難しい気性のようです。しかしながら、人間でいうと人見知りなので、初対面の人に対しては、一番最初はちかづけません。それは、社会化不足からくるものですが、最近ではまず、人の手からおやつをもらい、おやつをくれた人は大丈夫 というシナリオがスカイの中にも芽生えてきており、以前ほど警戒することはなくなりました。

このように、犬は嫌なものでも、普通に慣れてくれる 生き物なのです。
しかし、これは人間が教えてあげないと わからないことでもあります。

「うちの犬は恐がりだから・・・・・」といって、犬がくるたびに、抱きかかえていては、犬は一層その後の犬生の中で恐いものばかりに囲まれて生きていくことになります。
できるだけ、若いうちに、嫌な犬、嫌な人、嫌なもの(歩道のビニール袋が動いたり、救急車が音をたてて通り過ぎたり、大型トラックが猛スピードで通り過ぎたり。自転車が目の前を横切ったり、バイクが爆音で走り去ったり・・・・)という状況を回避せず、立ち向かって近くにいく練習をしていく必要があります。

1)その練習は、犬に「嫌なものにも近づける=嫌だけど我慢する→我慢したことにより、ご褒美のおやつがたくさんもらえる  といった犬にとって嫌な事をいい事に変えてあげる練習が必要です。

けっして、
2)「嫌なものに 嫌だけどなれないといけないから 近くにいってみるよ」といって、ただ単に毎日横を通りすぎるだけ(通り過ぎた後のおやつは全く無し」 は無意味な行動で単なる「犬への嫌がらせ」になってしまします。

上記の1)と2)の違いは分かりますでしょうか?

 

それは、1)は、嫌な事を我慢した結果 = 大好きなおやつがたくさんもらえた → 嫌だけど我慢しておやつをもらうぞ!! → そのうち、あれっ嫌だった事が気にならなくなっている となります。
2)jは、嫌な事を我慢した結果 = 何ももらえない → 嫌だけど我慢したのにおやつはもらえない・・・ → 嫌だったことがもっと嫌になり近づくと吠えたり、威嚇したり、咬んだりすることになります。

 

この違いは、非常に大きいものがあります。
多くの飼い主さんは、2)を自ら選択し、犬に対して2)のように行動してしまっているのです。

 

今からでも1)は改善できます。どのくらいできるかは、犬と飼い主さんの絆と反復練習と日常生活において、「犬に我慢をどれだけさせることができるのか?」にかかっています。

おすわり+まて =我慢が必要
ふせ + まて =我慢が必要
上記の 2つの トレーニングをやってみることだけでも、我慢を教えてることにつながっていることを理解して練習してみてください。

犬のしつけや、日常生活で困っている問題行動等、ございましたらお気軽にご質問下さい。
メールへの回答であれば、無料でご対応しております。ご活用下さい。

 

まず、必ず一度は行なってほしいお散歩編

玄関を出るときに、段差の前でおすわり 待て。
できたらおやつ これで靴や鍵が取れますし 犬の興奮も抑えられます。
できたら、リードを持って玄関のうちドア前で おすわり 待て。
できたら、おやつ ドアを初めて開けてあげます テンションの高い犬はここで一目散に駆け出そうとしますが、
おすわり まてです。
できたら、おやつ。

そして、歩き始めます。

マンションにお住まいの方は、
さらに、廊下をユーックリあるき、エレベータの前で再び、おすわり まて です。
そして、一階のエレベータを出たところで、 またも おすわり まて です。
さらに、自動とびらの前で再び、おすわり まてです。
外ドアの前で再び、おすわり まてです。

やっと、外に出ることができましたが、散歩に歩き出す前の最後の おすわり まてです。

マンションにお住まいの方は、歩き出すまでに何回 おすわり まて をしたでしょうか?  
10回の おすわり まてをしています。
往復があるので、20回いですね。
1週間で140回、1カ月で560回、
1年で6,620回 行なったことになります。

こんな回数を計画実行なんて計画を立てた時点で、疲れてしまいますよね。

だから、〜しながら、犬のしつけ は、継続できるんです。
回数を重ねれば、犬はできるようになります。
そのうち、おやつも不要になってきます。
太らせたくないからおやつをあげない人もいるとおもいますが、ご褒美はなんといっても食べ物です。  

最も単純で効果的な方法で犬との楽しい毎日を過ごしてください。  

 

犬のしつけで困ったことがあれば、ご連絡ください。メールでのご対応は無料です。
即日回答できるかは、状況により異なります。
真剣にお悩みの方は、飼い主様にお会いする事が最善の改善の一歩です。

 

お気軽にお問い合わせ下さい