〜しながら、 犬のしつけを反復練習 あるのみです。

arashi_1311...

犬のしつけはいろんな方法と場所が、あります。ドイツや、イギリスでは、ブリーダーから譲り受けた犬は、飼い主さんと一緒に犬のしつけ訓練に参加します。 成犬になって行く頃には、初心者の飼い主さんでさえ、コツをつかんで愛犬をコントロールできるようになって行きます。 犬のしつけは、単純作業の反復練習の繰り返しです。

 

犬の個体差にもよりますが、どんなに訓練しても全く何もできないという犬はいません。大なり、小なりなにかできるようになって行きます。

 

日本で現在主流なのが犬の保育園 と言われる 犬のみを預けて、犬の問題行動を解決してもらい、問題が改善されたら保育園を辞めるパターンではないでしょうか?

 

 

実際、犬に精通したドッグトレーナーが常駐していて、犬は改善されます。問題はこの後です。保育園を辞めてこの改善がその後の犬の半生で継続すると思っていませんか?おそらく大半の人は改善は継続すると思われていると思います。

しかしながら、それは大きな間違いです。改善された行動は、どのようにして改善されたのか? きちんとした引き継ぎを家庭に戻った愛犬に反復練習あるのみです。これを行わずにいると半年足らずで戻って行きます。

 

 

だから、私は、愛犬と飼い主様と一緒に犬のしつけを学び、ご自分で対応できるスキルを向上させていただいています。

犬の一生も15〜20年と言われています。いろんなことがおこります。が、対処方法を練習することにより、応用力は確実にレベルアップします。

最高の愛犬と共存するために自分のスキルもあげませんか?

 

お気軽にお問い合わせ下さい