保護犬の生涯を共にする覚悟で迎えてほしい

  • 威嚇する顔は別犬の顔・・・
    威嚇する顔は別犬の顔・・・
  • スカイもある意味保護犬です。
  • 保護犬はご自宅に来る前に何らかの問題を抱えている場合が多くあります。
  • 暖かいたくさんの愛情を注いであげて下さい。
  • できれば時間的,経済的な余裕と気持ち、どちらかといえば、気持ちに余裕がある場合にのみ保護犬を受け入れてもらえればと痛切に思います。
  • お互いが病んだ状態ですと、結果的に悲惨な状況になります

それまでも大変な犬生を過ごしてきており、リハビリが必要です。リハビリは大変な事になると思う。 犬にはとらうまは無いといわれています これからの残された犬の時間を共有して楽しんでもらいたいです。

お気軽にお問い合わせ下さい