together.JPG

犬の場合は、1)暇すぎる、2)執着心がありすぎる、3)宝物のような気がする

というような、要因が考えられますが、まぁ、だいたい家庭犬においては、人の行動により、
「ウンチの価値が増していて宝物みたいに思えているんでしょう」

・うんちを食べそう、あるいは食べている 途中で 
「アー」とか、「ダメだよ」なんていおうものなら、「このウンチは、なんか最高のいいものなんだ、早く食べなくちゃ」なんておもってしまったりするんですよね。

 

人が、発する言葉の意味は犬にはわかりませんが、言葉で反応した瞬間に犬は興奮したり、テンションをあげたり、目の前にあるものを食べたりするんです。

愛犬「スカイ」も我が家に来たときは、ケージでウンチをして、速攻食べていました。
その光景を目の当たりにして、がっかり した2ヶ月前を覚えています。

それから、散歩中にウンチをさせ、自宅ではしない → 2ヵ月半 
そして、ウンチのたびに、
ウンチ後すぐに名前を読んで
山のようなご褒美をたくさん 食べさせてあげます

上記を繰返すことにより、ウンチ よりも おやつ のほうが宝物=自分にとってこっちがうれしいこと
と理解できるようになりました。

室内のケージでウンチをしたとしても 食べずに おやつを待つようになってきました。


 

おやつは最大の 飼い主の武器です。

 


手作りおやつをつかって たくさん たくさん おやつを与えて あげましょう。
私達人間は、犬言葉 が 分かりたいけど わかりません。
何を考えているのかを悩むくらいなら、おやつをたくさんあげながら、こちらに興味をもってもらい、人間(飼い主)の言うことを素直に聞いてくれるようになる練習を何万回もやってあげることが 悩みを解消できる1歩です。

 

私は 散歩に出かける間に たぶん50回くらいの お座り をやってます。
ということは、50粒はおやつを食べています。

 

飼い主さんは、愛犬のために一生懸命練習してあげましょう
 

基本トレーニングなどでわからないことがあればご相談をお受けしています。お気軽にお問合せ下さい。

今は、メールでのご相談は無料ですので、何なりとご質問をお待ちしております。

※愛犬が問題行動を起こす前に、少しだけあなたの時間を愛犬とのトレーニングの時間に費やしてもらいたいです。 
たった 5分でもいいんです。

 

お気軽にお問い合わせ下さい