犬に許可を得る必要は全く無いし、これが問題行動を引き起こす!

 

アメリカのカリフォルニアで動物行動学の権威としてナショナルジオグラフィック(世界132カ国)で放映されている「シーザーミラン」の動画より、シーザーは犬の気持ちが読めるという意味で「Dog Wispher」と自らを呼び、テレビで犬の問題行動を改善する動画をたくさん放映してくれています。
Youtubeで「Cesar Millan」と検索すれば、ものすごい数の動画が表示されるので、見るだけでもたくさんの新しいしつけについて解説されています。

あなたは犬と接するとき、どのように接していますか?

毅然とした態度で犬は犬であるという自覚をもって接していますか?
うちの娘、息子などのように、擬人かして対応していませんか?
もし、既に

「○○ちゃん、お散歩に行こうか?」
「○○ちゃん、こっちの道にいこうか?」

「○○ちゃん、もうこのフード食べたくないの?」とか、気がつくと犬に向かって質問し、自分で返事を作り上げていませんか?

犬は犬であり、人ではありません。犬には、毅然とした態度で「犬に許可を得る」なんてことは全く不要なのです。
 

この基本的なことが実は、大半の方ができておらず、この事から犬の問題行動の原因が始まったりします。だから、人は毅然とした態度で犬に接し、道を変えたければ、こっちだよ!と指示を出してあげることが、最も犬を落ち着かせて最高のパートナーにできる秘訣であることを覚えてください。

犬への許可は不要です。

犬のしつけで分からないことがあればこちらからご質問下さい。

 

お気軽にお問い合わせ下さい