犬のしつけ教室 絶対やるべき3つの実践ポイント

犬を迎えいれたら、まず社会化ですが、次に絶対やるべき
3つの基本の犬のしつけをご紹介します。

犬のしつけ | ポイント1:ハウストレーニング

  • なぜハウストレーニングが必要なのでしょうか?
  • 犬がかわいそうでしょうか?

    今回トレーニングするハウスとは・・・
    屋根がついた持ち運べるクレートのことをいいます。

    【目的】:ハウスで落ち着いて過ごせるようになることが目標です。

     

    3つのメリット

    1)安心:犬がここにはいっていれば安心だと思えるようになる

    2)安全:犬がここにはいっていれば安全だと思えるようになる

    3)管理:いざというときに犬の命を守ってあげることができる

     

    1)安心

    冠婚葬祭などの急なときにドッグホテルに預けなくてはいけなくなりました。
    最近では、フリーでお預かりするところも増えてきていますが、犬には
    慣れていないフリーな広いスペースでは、かえって不安になります。

    だから、ハウスで安心して過ごせるように普段から慣れておく必要があります。
    ホテルの時だけハウスでは、なれない場所、なれない環境、なれない人等
    なれないものづくしでストレスのあまり、血便や、食事が食べられなくなったり
    します。また、病気などで入院する場合でも、夜はケージで眠ることになるの
    で、手術などでストレスなのに、眠る環境にもなれていないと回復が遅く
    なる場合もあります。

     

    日頃から居心地をよくしておいてあげることにより、犬自身の
    いざという状況でのストレスの緩和に役に立ちます。

     

    2)安全:

    地震などの災害があったときに、ハウスに入れることによりが落下物からの
    事故を防ぐことができます。目を離すといたずらをしてしまうような子は誤飲
    などの事故を防げます。車の移動をする場合は、急ブレーキを踏んでしまった
    ときにフロントガラスにつっこんでしまったり、犬が自分でまどガラスを開けて
    しまったりして飛び出したりする危険から回避できます。


    犬自身も、屋根のあるクレートにいることにより、野生の本能から、巣穴ような
    安心できる安全な場所であるという認識から、居心地がよくなります。

     

    3)トイレトレーニングを行う際に友好的です。

    ハウスの中は、巣穴に近い状況なので、犬は巣穴の中を汚さない習性から、
    ハウスの中に入っていると排泄を我慢できるので、犬の排泄時間をこちらが
    管理できます。

     

    ハウストレーニングの大きさ

    ハウスのサイズは、犬がハウスの中で

    ①:おすわりをしても頭がつかず

    ②:伸びをしても足がつかず

    ③:ハウスの中で1周できる

    程度のサイズが最適です。

    犬のしつけ | ポイント2:トイレトレーニング

 用意するもの

トイレシーツで排泄がきちんとできると、犬と一緒に旅行やお
出かけをするときにとても便利です
トイレトレーニングを行う際に、以下を用意します。

1)クレート
2)サークル:サークルの中にはトイレシーツをしきつめておきます

※トイレはサークルで囲っておき、扉も閉めることのできるようにしておきます

3)おやつ

 

犬が排泄をもよおす状況

トイレトレーニングのタイミングが重要です。

以下の条件の際には必ずトイレにつれていきましょう

①:寝起き
②:食後
③:遊んだ後

 

トイレトレーニングの方法

最初は、犬に排泄を失敗してほしくないのであらかじめハウスに入れておきます

1)犬は寝床を汚さない習性があるので

2)巣穴から遠く離れた場所で排泄をする

という習性があるので、サイズのちょうどよいハウスであれば排泄をしにくくなります。

ただし、

・ハウスが大きすぎたり

・長時間入れておいたりすると 我慢できずに中でしてしまう可能性もあります

時間は、数十分、あるいは1~2時間くらいで失敗させないようにしましょう

この時間は個体差もあるので、大体どのくらいおきの時間かは、犬によって異なります。

1)排泄しそうな時間になったらハウスにいれる

2)サークルまでハウスをもっていき

3)ハウスからだしてサークル(トイレ)までおやつで誘導します

4)サークル(トイレ)に入ったら

5)扉をしめて排泄するまで数分まちます

6)排泄したら

7)おやつをあげて

8)トイレの扉をあけて自由にしてあげましょう

※自由にしても目を離さす、また別の場所でトイレをする場合もあるので気をつけてください。

目を離すときはハウスに入れてあげましょう

ハウスからトイレまで

自分で歩いてトイレに入るようにしてあげましょう

 

◆トイレに連れて行っても数分・数十分まってもしない場合はもう一度ハウス
にいれるか、目を離さないのであれば自由にしてあげましょう。
自由にしたときに排泄をしそうになったらもう一度トイレまで誘導するか、
誘導できない場合は、抱っこしてトイレにいれてください。
シーツに排泄してご褒美をもらう経験を重ねていくと自分でトイレに入りおしっこ
ができるようになります。

 

◆トイレトレーニングの最中にもし、失敗したとしても決してしからないこと
犬は排泄をしかられたと思ってしまい、飼い主のいないところでおしっこを
するようになってしまう可能性があります。

サークルをなくすには

最終的にサークルの囲いをなくしてシーツだけにするには
サークルを一面ずつとってトレーニングして、最終的にはシーツだけにします。

 

掛け声

掛け声をかけると排泄を促せるようになると、

・出かける前や
・急いでいるとき
・就寝のまえ    等で大変便利です。

これは強制ではないので、掛け声をかけてもしない場合もあります。
掛け声は、人間の赤ちゃんに使うような(シーシーとか、ワンツーワンツー)
等でよいです
最初は、犬が排泄をしている最中に掛け声をかけるようにしてあげてください。
犬は、その言葉を覚えて、排泄を催すようになります。
何度も排泄の途中で繰り返し、声がけをして次第に 排泄する前に
使ってみるようにします

排泄する前に掛け声をかけ、排泄したり排泄しそうなそぶりをみせたりしたら、
この言葉を犬が理解したことになります。

 

犬のしつけ | ポイント3:お散歩中のひっぱり

犬は4本足で歩くので、もともと人よりも早く歩くことができます。
だから、普通に歩いていて、一人も早く歩けてしまい、リードの長さの限界が
すぐにきます。

南極での犬ぞりを思い出して見てください。
10頭以上のハスキー犬がそりにのった、思い荷物を人を ぐいぐいひっぱって
います。

これは、ひっぱられたらひっぱりかえすという行動学に基づいた行動を利用
しています。だから、犬にひっぱられたら、ひっぱりかえすのではなく
立ち止まることです。

立ち止まることにより、後ろにひっぱられなくなりますから、前に出て行く必要が
なくなります。これをなんどもなんども何十回も繰り返し、リードが少し緩んだところ
で、また、人は前に進みます。

 

そのうち、犬は、前に行かなくても進める!ことを理解し、立ち止まったら
おすわりをするようになります。

 

 

犬は楽しく犬のしつけを練習すると目が輝きます。

  • なんらかの指示を出してくれて それに僕(犬)がしたがって行動してくれたら
    おやつをくれる = 一緒になって遊んでくれる飼い主さんが

    とてもいい人なんです。

    と学習します。

    おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
    うれしいこと! をたくさんやってあげて、

    いい人になりましょう

    そうすることにより、犬は、飼い主さんに興味を示す
    ようになり、指示に従うようになってくれます。

    ・犬との会話が成り立つようになる
    ・犬があなたをより一層信頼してくれるようになる
    ・あなたの指示に従うようになる
    ・犬の眼の輝きが増す

    どういう日常を送る事がいいのか?ご自分の日常生活と見直すための「どうやって犬と付き合ってる?」のかを再確認するための見直し一覧を無料プレゼントしています。

    いますぐご登録して確認してください。
     

お気軽にお問い合わせ下さい