知っておくと良い犬の知識

においをかぐ

犬の糞は名刺代わり

犬の糞はいわば名刺代わりである。 

犬の糞はいわば、名刺代わり

together.JPG

においをかぐ側は、そこから
相手の名前
地位
番号をいくつかの方法で読み取ることができる。

第一に犬の糞の周囲には、代腸内の腸線細胞が分泌する粘液が付着している。
それからそれにくわえて肛門腺および肛門周囲腺の分泌物がついてくる。

 

これらのフェロモンは排出者の性別および、その他の社会的情報を出している。
犬にとって肛門同士が人間の握手をすることと同じ挨拶なのである。

 

私達も相手の手が、
汗ばんでいる
握力がある
結婚指輪をしている
やわらかい
荒れている

等々のことを気に留めるのと同様に、犬は相手の肛門周辺のにおいからさまざまな
情報を得て、各個体を識別していくのである。

 

ドッグズマインドからの引用です。
 

≫ 続きを読む

2014/02/16 においをかぐ   admin

股間をにおう

犬の肛門周辺のにおいから、犬は固体を識別していく

 

肛門周辺のにおいで瞬時にかぎ分ける

 

犬は、相手の肛門周辺のにおいからさまざまな情報を得て、各個体を識別している
 

グレートデーンが、来客の股間を持ち上げてしまうという反社会的な行為も、この
識別して情報を得るという理由からの行動なのである。

 

また、レトリバー種が、洗濯済みのものでなく、汚れた靴下や下着をくわえていくのも
この同様の理由からの行動なのである。

 

人間でも犬でも、新参者の肛門周辺のにおいをかぎ終わると、次に唇からの排出
されるフェロモンのにおいをかぎ始めるのである。

ドッグズマインドからの引用です。
 

≫ 続きを読む

2014/02/16 においをかぐ   admin

尿には優れた情報がぎっしり

尿には、犬の情報がぎっしりつまっているのです。
 

尿はその固体の情報の宝庫

 

尿には、性ホルモンが含まれており、

 

雌の場合には、繁殖情報
雄の場合には、権力や、地位の度合いを伝えるための手段となります。

自分が犬になったと想定して考えてみてもらいたい

もし、自分に関する資料を他の目(鼻)につくところにおいておきたければ
それはまさにちょうど、犬の鼻先の高さにおいておけばよいわけである。

だから、犬は散歩の度に、片足をあげて用をたすのである。

 

排尿によるマーキングを無作為法でおこなった調査によると、なんと4時間で
80回もマーキングをした犬がいたそうです。
最後の方のマーキングは尿の量がすべて消費されてしまったために、

「完全に乾いたマーキング」となってしまっていたそうです。
マーキングの頻度はすべての犬において一定ではありません。

理由は、早期体験と直接に関係があるといわれています。
「汚染されていない環境で育った犬」、外的な環境で散歩をしなかった犬たちは
マーキングという行為を決してみせなかったそうです。

 

他の犬との接触がなかった犬は、犬のつけた臭跡を大変したことがなかったため
自らもにおいづけの習慣を身に着けることなく成長したということです。

 

ドッグズマインドからの引用です。
 

≫ 続きを読む

2014/02/16 においをかぐ   admin

フェロモンの重要性

尿や糞には、固体特有のフェロモンがあり、これは犬にとってとても重要である
 

フェロモンの重要性

 

犬のコミュニケーションにとって、フェロモンの大切は、不運にも犬が失明したときに
最も顕著にあらわれるという。

目が開くはるか前に、子犬はフェロモンを通して母親を確認する


自己の認識、他の犬、人間、尿、縄張り、そして他の犬の性的状況の把握は、
全盲の犬でもフェロモンによるコミュニケーションを通して、すべてを維持できる
のである。

 

これは、全盲の犬にとっても生活の質は、決して悪いものとは限らない。
という論点の最大の根拠になるかもしれない。

 

ドッグズマインドからの引用です。
 

≫ 続きを読む

2014/02/16 においをかぐ   admin
お気軽にお問い合わせ下さい