知っておくと良い犬の知識

コミュニケーション

観察による学習

犬は猫ほど模倣が得意ではないが、中には猫にも勝る模倣の天才もいる。これは、「観察による学習」といわれ、別の犬の行動を観察し、自分が同じ事を行動するという学習である。

犬も観察による学習ができる

shoppiing.p...

これは一目瞭然かもしれないが、犬にとっては最も早いうちから、最も一般的に
知識を取得する手段の一つである。私の愛犬の一匹がおもちゃ箱にいき、何かを
選んでもってきて、それをかじる。するともう1匹はこの行動をにながら、自分の頭の
中でも決断を下し、同じ事をやる。このような学習方法は、実験室でも再現されている。

学習の若年期にあたる子犬たちに食べ物を乗せたカートをリボンでひっぱることを
教え、隣室の子犬たちにその行動をみせることによって、同じ事を覚えさせたので
ある。この理由は実に単純なものである。

巧みな随意運動を行うためには脳内の錐体路系が発達していなければならない。
人間の脳においてはこの錐体路系が白質の約三割近くを占めている。霊長類の
脳ではこれは約二割、そして犬の場合はわずか一割なのである。

ドッグズマインドからの引用です。

上記のことからもわかるように、猫ほど犬は模倣が得意ではないにしても観察学習
ができる生き物です。
我が家の愛犬、スカイが 恐怖心を消去しながら、日常の我が家の生活になじめた
のもこの「観察学習」がいかされている場面を多々目にします。

新しい食べ物を差し出されてもまず食べない
新しい人に会ってもまず最初には近づかない

新しいおもちゃでも 最初は遊ばない

しかし、上記を先住犬の嵐が 簡単にやってのけ

おやつを食べたり
人に寄り添っていったり
おもちゃであそんだり

を じーっと 見ています。 
 

しばらくすると 同じ事を行動するようになります。
クリッカートレーニングにしてもしかりです。


新しい行動は、自分では自ら行動しないことでも、嵐が行動
するのをみて、自分でも行動しています。

どれほど、人間への不信感をもっているのか?と 犬という生き物が
この長い年月生き延びてきたことと照らし合わせると 「生命力の強さ」
を実感しますが、犬同士でなければ分かり合えない空気があるのだな
ということも痛感します。

ぜひ、体力と気力と経済力が問題なければ、多頭飼い もおすすめです。
 

 

愛犬の困ったなぁという問題行動は改善できる可能性があります。お困りの方は、こちらから
お気軽にお問合せ下さい。

≫ 続きを読む

2014/03/07 コミュニケーション   admin

犬の思考は単純

私達人間は、犬を我が家に迎え入れたときから、彼らを人間として扱い、真の家族として扱ってしまう人が大変多い。人間の子供に言うように、「今度テーブルの上に足をのせたら本当に怒るからね!」しかしながら、「彼等の思考回路は私達人間のそれよりはるかに単純である」ということを忘れてはいけないのです。
 

犬の思考回路はいたって単純

20100505 53...

犬という生き物は、象徴的に物事を考えることができないのです。

恐怖は 恐怖。
目に見えるものが、手に入るのもなのある。 
それに唯一例外があるとすれば、時折出現する犬の心身症であろう。

例えば、以前足を悪くしたさいに人間の感心を十分にひきつけることができた
という経験から足の悪いまねをする犬もいる


犬の知能には限界がある という点である。

 

例えば、食べ物をとりにいくために障害物をさけていかなければいけない
まわり道テストは、さるにとってみればなんでもないことであるが、犬にとって
みるととても難しいことです。


 

 

ドッグズマインドからの引用です。

 

 

愛犬の困ったなぁという問題行動は改善できる可能性があります。お困りの方は、こちらから
お気軽にお問合せ下さい。

≫ 続きを読む

2014/03/02 コミュニケーション   admin

犬同士の遊びは大切

犬同士の遊びは、時として人間からみていると喧嘩をしているように見える場合もありますが、犬同士が遊ぶことは自然な行動であり楽しい時間になることが普通です。しかしながら、犬慣れが難しい犬たちが多い中で、少しずつ犬に近づいたり、においをかいだりしていける犬にしてあげましょう。
 

遊びにはいくつかの機能がある

20100505 53...

社会性という意味では3つある。
1)遊びは、共同生活行動を刺激する。
犬同士の社会的絆を形成するが、これは群れの将来のためには必ず必要な
むずびつきなのである。実際家族である私達がいるだけで、将来の群れなど
ありえないですが、それは犬の精神構造にとっては無関係なことである。

2)遊びは大人の社会的な行動に影響を与え、それを形付けていく。子犬は
遊びの中の試行錯誤を通してコミュニケーションの技術を身につけていくので
ある。

3)遊びは将来の群れの中における支配関係を予測するものである。
どの犬がより支配的であるか、どれがより服従心が強いか、遊びの行動を
観察することによって見当をつけることができる。

遊びはこのほかにもさまざまな役割がある。そして、そのすべてが犬の行動に
影響をあたえているのである。

 

コランツローレンは、以下に述べている。
「遊び好きの動物は、「専門を持たぬことの専門だ」と。
遊びを通して犬はさまざまなものを扱うことを覚えている。
彼らはこうして私達の扱い方も会得していくのであろう。

4)遊びは、肉体的な鋭敏さと精神の柔軟性を養うものである。
5)遊びは、体の動きの整合性を促進させる
6)遊びは、安全な状況での試行を可能にする。タイミング、横取り、割り込み、
バランスの保ち方などを犬に教えていくのである。
7)遊びは、行動パターンを教える。犬は物事を行う順序を覚えるのである
8)遊びは、安全な環境の元での探索行動可能にする
9)遊びは、創造性を養う。問題解決を教えてくれる
10)遊びは、いぬにとっては一生続くものである。
成犬であっても、若い犬に「誘われれば」遊びに参加する。
また、誘いがなくともただただ楽しむだけのために遊ぶ事もある。
遊びは遺伝的に受継がれてきたきわめて自然な犬の行動である。

 

ドッグズマインドからの引用です。

 

 

愛犬の困ったなぁという問題行動は改善できる可能性があります。お困りの方は、こちらから
お気軽にお問合せ下さい。

≫ 続きを読む

2014/02/28 コミュニケーション   admin

声のコミュニケーション

犬のコミュニケーションの手段で、「声」は最も弱いコミュニケーションだといわれています。
 

鳴き方の違い

 

子犬の泣き声は、母犬に生理的な効果をもたらすのである。
それは母犬の聴覚を刺激し、それによって彼女の脳は、下垂体に情報を伝達し
そこでオキシトシンというホルモンの放出を促し、その結果乳汁が分泌される
ようになるのである。

これはすべてある音声、子犬の泣き声によって引き起こされるのである。

 

母犬が胴体の各子犬の固体を識別できるようにするための声の違いは、
おそらく出生時、もしくは出生直後の子犬にすぐにみられうものであろう。
人間の母親も、乳児が発する音声から 空腹、痛み、歓喜などを識別して
聞き取ることができる。むろん、経験も非常に役に立つ。

犬の母親も、同じで、特に出産経験のある母犬であれば、子犬の声から
同じように情報を読み取る事ができるのである。

犬は基本的に5通りの鳴き方をする

1)幼犬的な音でなく : くんくん鳴く  甲高く鼻を鳴らす
2)警告音 : 吠える - うなる
3)呼びかけ: 遠吠え
4)撤退音 : キャンキャン
5)歓喜音 : うめき音

におい同様、音は個人的、生理的、そして性的情報を伝達することができる

 

また、犬の吠える声は、警告、威嚇、興奮を意味することもあるが、単に気を
引くための、行動でもありうる。
賢明な飼い主は、様々な音がそのそれぞれどのような意味をもつものか?
すぐに聞き分ける事ができるようになっていく。

 

飼い主は、愛犬の縄張りを主張する声、境界を守る声を認識するころができるが
さらに、彼等の「家にいれて」「誰かいる」「女の子が先を歩いているから、早く
いって挨拶させてよ」などなど、聞き取れるようになる。

 

ドッグズマインドからの引用です。
 

≫ 続きを読む

2014/02/16 コミュニケーション   admin

視覚は一番最後

犬のコミュニケーションの手段で、視覚は一番最後です。

視覚は一番最後

 

犬は、耳、口、顔、尾、被毛、そして、体の位置によって、
その情緒のありようを明らかにする。
犬の情緒は、通常は顔と体を使った信号によって性格に把握することが
できる。

しかし、いつもそうであるとは限らない。
それゆえに他よりも信頼度の低い犬種が、出てくるのである。
例えば、
ロットワイラーは、ボディ・ランゲージが下手な犬種である。
この犬は満たされた状態から怒りへと、体の姿勢を変えることなく
きもちを移行させることもある。

犬が私たち人間を観察するとには、私達の目をみつめる
アイコンタクト(目線を合わせる)事は、権力の主張を相手に対して
行う有効な手段であり、だから犬は、それを用いるのである。

支配的な犬は、そうでないものを上からにらみつけ、服従心の強い
犬は、そのような目線を避けるように自ら目(顔)をそむけ、首を見せる
のである。

 

体の示す姿勢は、犬の情緒の変化に伴いさまざまな段階を移行して
いく。犬の頭の中で、恐怖心が攻撃性になったり、遊びが攻撃に以降
したり、攻撃性が服従に変わったりするが、その間、表情と姿勢は
特定感情を示すそれから他へのうつり変わっていくのである。
犬の感情を表す信号の例は次の通りである。

 

平静:耳と尾がリラックス状態
警戒:耳と尾をたてる
攻撃性:首の毛を逆立てる 尾を上げ、尻を上げ、唇を引く
攻撃性の増大: まっすくたちはだかる 歯をむきだしにしてうなり声をあげる
恐怖:耳は後方に傾き、尾はまたの間(この犬の限界を超えて近づくと
恐怖心からくる咬みつき行動を誘発してしまう)

卑屈なほどの服従: 寝転がり、後ろ足を上げ排尿する
挨拶:顔をなめる  

 

 

ドッグズマインドからの引用です。
 

≫ 続きを読む

2014/02/16 コミュニケーション   admin

母犬や兄弟犬による刷り込み

犬には、早期学習を習得する特別な時期がある。

発育過程の大切な時期

 

犬の発育過程において、「大切な時期」がどういうものなのかは、わかていますか?
生後12週目にいたるまで、人間との接触を経った犬は、
良い伴侶になれる可能性は
ほとんど無い


犬の精神構造(ドッグズマインド)における社会化の時期がいつが適しているのか?

他の犬や私達人間と上手に付き合っていく能力の育成は、
生後12週目(3ヶ月目)で終了するものであり、その中で最も大切な時期は、
6-8週
齢なのである。(1.5ヶ月から2ヶ月)

 

 

ドッグズマインドからの引用です。

 

≫ 続きを読む

2014/02/16 コミュニケーション   admin
お気軽にお問い合わせ下さい