おやつをもらいにくる要求をしないようにする学習

Step1:手のひらにおやつをにぎってもっておく

1)においの強いものを手に持っておくと犬は食べにきます。
2)このとき、怒ったり声をかけるのではなく、そのまま手をなめさせます
3)なめているのをやめて すわったり、後ろに下がったりふせをしたら
4)クリッカーをならしておやつをあげます

これをくりかします。
この動作をくりかえすことにより、うしろに下がったりして手にいかないと
おやつがもらえることを犬は学習します。


 

 

Step2:犬の顔のうしろでおやつをあげます

1)顔のうしろにおやつの手をもっていき
2)犬がおやつの手のほうにきたら

3)クリッカーをならしておやつをあげます
4)そのうち、おやつにこなくなって、すわっているだけだったり、ふせをしたりしますが
おやつの手にこないすべての動作をクリッカーをならしておやつをあげます

※このときおやつの手にきてから、それをやめたときStep1を繰り返すことはしないでください。
※犬が、手にこなくなることが最終目的なので、いつも手に来てからこなくなる動作を繰り返すと、犬は一度手に来たほうがいいと誤解する可能性があるのでやめましょう

 

Step3:手のおやつを床におく

1)Step1,2ができるようになったら、手に来ない行動をしたときに
2)クリッカーをならしておやつをあげます
※後はくりかえすだけです。

 

トリックもお教えしています。ぜひお問合せしてください

お気軽にお問い合わせ下さい