クリッカートレーニングで背中をかいてくれるようになる犬のしつけ

How to teach your dog to scratch your back



クリッカートレーニングで犬が背中をかいてくれます。
それは、もうたまらなくかわいいしぐさです。

頑張って練習しましょう!
 

Step1:コンテナの下におやつをおきます
1)ふたでもフリスビーのようなものでも何でもいいです、
ただし、ひっかいて壊れないものを用意してください。
そして、その下におやつを1つ、あるいは数個おきます
※このとき、おやつを隠すのを犬にきちんと見せてください。

Step1:コンテナの下におやつをおきます
1)ふたでもフリスビーのようなものでも何でもいいです、
ただし、ひっかいて壊れないものを用意してください。
そして、その下におやつを1つ、あるいは数個おきます
※このとき、おやつを隠すのを犬にきちんと見せてください。

Step2:ふたをひっかくのをまちます。
2)ふたをひっかいたら、
3)すかさずクリッカーをならしておやつをあげます

Step3:ふたにのってかくのをまちます。

4)ふたに足をのせて何回かかいたら
5)
すかさずクリッカーをならしておやつをあげます

Step4:ハンドシグナル、言葉をつけます
6)ハンドシグナル(ふたをかちかちと指でならす)をつけます
7)
ふたに足をのせて何回かかいたら
8)
すかさずクリッカーをならしておやつをあげます

 

Step5:ふたのかわりに ペーパータオルをおきます
9)ふたの変わりにペーパータオルをおいて、Step4を練習します

そして、その下におやつを1つ、あるいは数個おきます
※このとき、おやつを隠すのを犬にきちんと見せてください。

Step6:言葉をつけます
10)ペーパータオルを指でとんとんとして、「スクラッチ」といいます
11)犬が、ペーパーを掻いたら

12)クリッカーをならしておやつをあげます。

Step7:ペーパータオルを背中におきます
13)ペーパータオルを背中において 

14)「スクラッチ」といいます。
15)犬が背中をかいてくれたら
16)
クリッカーをならしておやつをあげます。

 

Step8:何も無しで
17)背中に手をトントンあてて「スクラッチ」といいます。
18)犬が背中をかいてくれたら
19)
クリッカーをならしておやつをあげます。

犬はトリックを練習すると目が輝きます。
なんらかの指示を出してくれて それに僕(犬)がしたがって行動してくれたら
おやつをくれる = 一緒になって遊んでくれる飼い主さんが

とてもいい人なんです。

と学習します。

おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
うれしいこと! をたくさんやってあげて、

いい人になりましょう

そうすることにより、犬は、飼い主さんに興味を示す
ようになり、指示に従うようになってくれます。

 

 

実際にプロのトレーナーである私と犬のしつけについて学習してみませんか?
・自宅にいながら一緒に学習でき、
・愛犬に改善がみられなかった場合の「全額返金制度」がある
・安心して、「インターネットで犬のしつけ:トレーニングが学べる」
・1年間の期間を通して学べるトレーニングは他にはありません

私が実際、経験したような
犬との会話が成り立つようになる・犬の思っていることがわかるようになる
私のメソッドで一緒に 犬といっそう楽しい生活を 送りませんか?

犬のしつけをすると以下のメリットを体感いただけます。

・犬との会話が成り立つようになる
・犬があなたをより一層信頼してくれるようになる
・あなたの指示に従うようになる
・犬の眼の輝きが増す

詳しい犬のしつけはこちらから確認して頂けます

お気軽にお問い合わせ下さい