How to train your puppy not to bite  
手や服を噛まないようにする犬のしつけ



手や服を噛む という行為は、犬にとっては普通の行為です。
しかし、これは時と場合によっては、重大な事故を引き起こしたりする
要因にもなります。

だから、止めさせる練習をしておく必要があります。が、基本トレーニングと
平行に練習することが最も効果のある方法です。

・言われたらおすわり、ねる、ふせ、たてができる
・口を閉じて歩けるようにする

 

Step1:手の刺激に反応しないようにする

1)手を顔の側にもっていきます。
2)犬が手を噛まなければ、
3)クリッカーをならしておやつをあげます
4)手が大丈夫なら、耳やからだを触っ2)3)を繰り返します。
※おやつは、床においてあげるくせをつけましょう。
※高い位置であげることになれてくると 飛びつきの要員を作る場合が
あるからです
※最初は、顔のそばにもってくる手はゆっくり動かしてください。
※早すぎると、犬が興奮してしまう要因になります。

 

これをそれぞれ10回くらい繰り返します。

※クリッカーが無理そうなら、「good」「よし」など
ほめる言葉を決めて、ほめて おやつをあげてください。

 

Step2:くつを犬に近づける
1)Step1と同じ要領ですが、今度は、足を犬に近づけます
最初の1歩は、小さい歩幅で、徐々に大きな歩幅にしてください
室内であれば、犬の大好きな靴下を履いて練習してください
2)犬が靴下を噛まなければ
3)クリッカーをならすか、「よし」「いいよ」といっておやつをあげます

※このときもおやつは、床の上にあげましょう

 

Step3:くつを犬に近づける
1)Step1と同じ要領ですが、今度は、からだのいろんなところをさわります
2)頭、耳、からだ、尻尾、口、口の中、すべての場所をさわりましょう

3)クリッカーをならすか、「よし」「いいよ」といっておやつをあげます

※このときもおやつは、床の上にあげましょう

 

犬は良いいいことも 悪いことも ずっと続くと考えます

 

おやつをたくさんくれる飼い主さんはいい人になりますが、おやつをあげる人
だからいい人 ではなく

なんらかの指示を出してくれて それに僕(犬)がしたがって行動してくれたら
おやつをくれる = 一緒になって遊んでくれる飼い主さんが

とてもいい人なんです。

と学習します。

おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
うれしいこと! をたくさんやってあげて、

いい人になりましょう

そうすることにより、犬は、飼い主さんに興味を示す
ようになり、指示に従うようになってくれます。

 

 

実際にプロのトレーナーである私と犬のしつけについて学習してみませんか?
・自宅にいながら一緒に学習でき、
・愛犬に改善がみられなかった場合の「全額返金制度」がある
・安心して、「インターネットで犬のしつけ:トレーニングが学べる」
・1年間の期間を通して学べるトレーニングは他にはありません

私が実際、経験したような
犬との会話が成り立つようになる・犬の思っていることがわかるようになる
私のメソッドで一緒に 犬といっそう楽しい生活を 送りませんか?

詳しい犬のしつけはこちらから確認して頂けます

お気軽にお問い合わせ下さい