犬のしつけ 捕まえられるのが恐くない練習

dog training- how to catching

人が前のめり姿勢で、犬を捕まえようとすると、小型犬は
何かされるのではないかと思い、恐くて逃げてしまいますよね

人が前のめりになると、小型犬は特に恐怖心をもってしまいます。
 

Step1:犬に触ってすぐ手をはなす練習
できたときは、クリッカーをならすか、「よし」などのほめ言葉をつかう

1)犬の首すじのところを上からさわり、すぐ手を放す
2)
犬が恐がらずにじっとしてたら
3)「よし」(あるいはクリッカーをならして)といっておやつをあげる

犬はこわいけれど、我慢するとそのあと良い事(おやつをもらえる)
ということを学習し、逃げないようになります。


Step2:両手でさわってみる
1)次は両手で犬の首すじのうえのところをさわります
2)犬が動かずにじっとしていたら
3)「よし」といっておやつをあげます

 

Step3:手を犬に触る前のところでつかむふりをします

1)手を犬の顔の10cmくらいのところで つかむふりをします
2)犬が動かずにじっとできたら
3)「よし」といっておやつをあげます

 

Step4:他の場所も触って練習する
おやつを食べさせながら

1)犬のあごを手で触る
2)びっくりする犬の場合は、おやつをたべさせながらさわる
3)できたら、最初にさわって
4)犬がじっとして動かなかったら
5)「よし」といっておやつをあげる

 

Step5:他の場所も触って練習する
おやつをもったふり

1)犬のあごを手で触る
2)おやつをもったふりで たべさせるふり
3)犬がじっとして動かなかったら
4)「よし」といっておやつをあげる

 

Step5:他の場所も触って練習する
おやつの手を背中にかくしてやってみる

1)犬のあごを手で触る
2)おやつの手は背中にかくす
3)犬がじっとして動かなかったら
4)「よし」といっておやつをあげる

 

Step6:首輪をつけて首輪をつかむ練習
最初は、座った状態(犬の目線くらい)
次に、立った状態(すわったより威圧されるのでこわい)

1)犬の首輪をつかむ
2)犬がじっとして動かなかったら
3)「よし」といっておやつをあげる

少しずつ高さをあげて
できたらクリッカーをならしておやつをあげます

※このときは、おやつをたくさんあげてください。
新しいことをするときの「おやつ」は最高のおやつを用意しましょう
なぜなら、今までやったことの無いことに挑戦してできるのですから
大変なことをやっているのです。
それに値するおやつがひつようです。

基本のしつけの後に、おやつをたくさんあげたくない人は

おもちゃをご褒美として、しつけをしてもよいと思います。

 

以下を忘れずにやってください

犬は
良いいいことも 悪いことも ずっと続くと考えます

だから、おやつやおもちゃ意外でも、
横についてあるいてくれたら、いいことがあるよ!
と学習すると

おやつや、お散歩を継続してくれる飼い主さんが

とてもいい人なんです。

と学習します。

おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
うれしいこと! をたくさんやってあげて、

いい人になりましょう

お気軽にお問い合わせ下さい