犬のしつけ どんなバックにでも入れるようになる練習

dog training- how to purse train / crate train a dog

犬が、肩掛けバックに入っておとなしくできたら、小型犬ならどこにでも
一緒に連れて行ってあげられますね。

3つのステップで、犬がバックに入れるようになる学習をしましょう
 

1)バックの中に入ることは「楽しいこと」だと学習します。

2)バックの中にずっと長くいるほうが「楽しいこと」、こちらが指示を
出すまではバックの中にいるということを学習すること

 

3)バックの中にいても、いつでも外に出られる、という安心感を学習
します。


Step1:ハードなバックでの練習

1)ハードカバーの中に、おやつをばら撒きます。
2)
犬が外からでいいので 中のおやつをたべたらOK
3)すぐに
犬がハードバックの中に入りたくないようなら
中のマットを外にだして

4)マットの上に乗ってくれたら

5)クリッカーをならしておやつをあげます
6)できるようになったら、マットをバックの中にもどして
7)おやつをバックのなかにおいて 

8)食べたら クリッカーをならしておやつをあげます
9)これを何度も繰り返すと 犬はバックに入ってくれるようになります。

バックの中は、最初は恐いので 
一番最初にできたときは、おやつをいつもよりたくさん
あげましょう
犬は、良い事があるんだ!と学習し、バックの中が好きになって
くれます。

 

Step2:ソフトバック(紙袋、布バック等)
1)ソフトバックの口をあけ、中におやつをおきます。
2)犬がバックにはいって、そのおやつをたべたら
別のおやつを手からあげます
何度も中にはいっている間におやつをあげます。
3)外にできるように手で誘導し、外で、おやつをあげます

 

Step3:「バックをあけて」入ってくれるのをまつ

4)バックの口をあけ、犬がはいってくれるのをまちます
5)犬が自分から入ってくれたら
6)「よし」といってクリッカーをならしておやつをあげます
7)バックの中にいる犬に何度もおやつをあげます
8)おやつをあげるときは、クリッカーをならすか「よし」と
ほめ言葉をいってあげましょう

9)指示があるまで、バックの中にいれるようにします
10)「フリー」など、外に出てもいいよ という合図を練習します

できたらクリッカーをならしておやつをあげます

Step4:「バックをもちあげる」

1)バックをすこしもちあげて 
2)クリッカーをならしておやつをあげます

少しずつ高さをあげて
できたらクリッカーをならしておやつをあげます

※このときは、おやつをたくさんあげてください。
新しいことをするときの「おやつ」は最高のおやつを用意しましょう
なぜなら、今までやったことの無いことに挑戦してできるのですから
大変なことをやっているのです。
それに値するおやつがひつようです。

基本のしつけの後に、おやつをたくさんあげたくない人は

おもちゃをご褒美として、しつけをしてもよいと思います。

 

以下を忘れずにやってください

犬は
良いいいことも 悪いことも ずっと続くと考えます

だから、おやつやおもちゃ意外でも、
横についてあるいてくれたら、いいことがあるよ!
と学習すると

おやつや、お散歩を継続してくれる飼い主さんが

とてもいい人なんです。

と学習します。

おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
うれしいこと! をたくさんやってあげて、

いい人になりましょう

お気軽にお問い合わせ下さい