犬のしつけとして、犬がくわえたおもちゃを「放せ」「つかめ」 

Drop" and "Get it 

犬とのもってこい遊びは、人と犬との絆を深めるためにもとてもよい遊びです。
 

1)はじめるとき:犬が遊ぼうといってきて遊ぶのは だめ
こちらが、もってこいするよ!:といって飼い主さん(人)が主導で始めること。

2)遊びをやめるとき、散々遊んで犬が飽きてきたらやめる → これはだめ
ものすごく楽しそうな絶頂の時に、辞めさせましょう

Step1:加えたものを放す練習(おやつとひきかえ)

1)「getit」「つかめ」といって犬におもちゃをくわえさせる
2)
加えたおもちゃを口から離させるために おやつを鼻の側にもっていく
3)「drop」「放せ」といって

犬がくわえたおもちゃを口から放してくれたら
「よし」「GOODJOB」等ほめる言葉をいっておやつをあげる

4)犬がぜんぜん口からおもちゃを離してくれないようなら

5)おもちゃを加えているときに 鼻の側におやつをもっていくと
6)犬がおもちゃを放してくれるので
7)放したら「よし」「GOODJOB」等ほめ言葉をいって
おやつをあげます

※おやつの位置は、鼻よりも地面に近いところであげましょう
※飛びつきのくせをつけないようにするためです。

Step2:くわえたものを放す練習(ハンドシグナル)
Step1を何回か繰り返すと犬は、おもちゃを放すようになります。

1)「つかめ」「getit」といって犬におもちゃをくわえさせます
2)「放せ」「dropit]この後に、ハンドシグナル(手で地面に犬を誘導する感じ)
の身振りをみせ、犬におもちゃをはなさせます
3)できたら、おやつをあげます

 

Step3:「放せ」の言葉でできる

4)「つかめ」と言葉をいって 犬におもちゃを加えさせます
5)「放せ」といって犬がおもちゃを放せたら
6)「よし」といってまた、おもちゃを加えさせます
7)これを何度も繰り返します。

※このときは、ご褒美はおやつではなく おもちゃになります

おもちゃを加えさせて 振り回すのは犬にとっては
狩猟本能を刺激され、とても楽しいものになります。

おもちゃの振り回し方は、できれば 左右の横
上下については、犬の首に負担がかかるので
激しい上下運動はやめたほうがよいです。

おもちゃは、おやつと同じような大変すばらしいご褒美をなります。

基本のしつけの後に、おやつをたくさんあげたくない人は

おもちゃをご褒美として、しつけをしてもよいと思います。

 

以下を忘れずにやってください

犬は
良いいいことも 悪いことも ずっと続くと考えます

だから、おやつやおもちゃ意外でも、
横についてあるいてくれたら、いいことがあるよ!
と学習すると

おやつや、お散歩を継続してくれる飼い主さんが

とてもいい人なんです。

と学習します。

おやつ や おもちゃ そして、お散歩等 いろんな 愛犬にとって 
うれしいこと! をたくさんやってあげて、

いい人になりましょう

お気軽にお問い合わせ下さい