犬にやってほしくない行動を止めさせる方法

この動画は、犬にやってほしくない行動を止めさせるためのトレーニング方法を説明しています。

やってほしくない行動をとったときの指示の言葉は

「No」「ああ」「wrong(まちがっているよ)」stop that(止めて)」等の言葉を決めて使います。

これらの言葉は、普段の行動の時には使わない言葉にしてください。

してほしくないことのときにだけつかいましょう

犬の名前はいいときだけつかいましょう

嫌なことをしたときに、犬の名前をよばないこと

 

Step1:プロンプトで呼び戻す

1)こちらにきてほしいときは、口笛や、プロンプトで
呼び戻しましょう。
2)くちで「チュッチュッ」といって犬がきたら

※犬は、「ちゅっちゅっ」という言葉で おやつがもらえる 

ということを理解できます。
上記を外でも環境を変えてやってあげましょう

 

Step2:アイコンタクトで、口笛や、プロンプトで呼び戻し

1)くちで「チュッチュッ」といって

2)アイコンタクトでこちらを

3)みてくれたら おやつをあげます

 

Step3:アイコンタクトで、クリッカー

1)くちで「チュッチュッ」といって

2)アイコンタクトでこちらをみてくれたら

3)クリッカーをならして おやつをあげます

※アイコンタクトは、少しずつ長くします。

 

Step4:散歩の途中で

1)くちで「チュッチュッ」といって

2)アイコンタクトでこちらをみてくれたら

3)クリッカーをならして おやつをあげます

※外など環境が変わるとできなくなったりしますから、

そんな時は、レベルを戻してやってあげましょう。

お気軽にお問い合わせ下さい