飛びつきの防止

Dog Training: How to stop Jumping up!- clicker dog training

ポイントは、とにかく飛びつかせないように床にちかいところでおやつを

何回もたべさせとびついても何もいいことがないということを犬に認識させることです。

犬は、口のまわりをなめるのが好きなので、一生懸命人にとびついて楽しいことがおきることを期待しています。
だから、とびついたら

声をかけない
後ろをみて無視をする

おとなしくふせなどをしたらおやつをあげて、飛びつかなければいいことがおきることを学習させましょう

Step1:床においたおやつをたべさせます
1)自分が動きながら床におやつをおきます
2)犬が自分の動くほうに向いたら
3)クリッカーをならしてそのおやつをたべさせます
4)たべたと同時に また自分は別の方向に移動します
5)食べ終わった犬が、こちらに向いたら
6)クリッカーをならしておやつをたべにきてもらいます
7)これを繰り返します。

※もし途中でとびついてきたら、静止して後ろ向きになり5秒~10秒待ちます
9)犬がふせを自発的にやってくれたら
10)クリッカーを鳴らしておやつをあげます
11)犬がとびつきそうになりながらも、おすわりなどを自発的にしたら
12)クリッカーをならしておやつをあげます。

Step2:具体的に理解させます

※興奮しやすい犬や、パピーなどは具体的に飛びつくような状況で飛びつかないように練習します。

ゴールデンデューデュルの子犬で名前はマーフィーです。
1)ドアをあけて外からはいってきたときに、
2)飛びつかなかったらクリッカーを鳴らしておやつをあげます。
3)中に入っても、なんども床におやつをおき、とびつかないようにたべさせます
4)高い声をだしたり、手を広げたりして犬がとびつきやすいように興奮を誘発しても
5)飛びつかなかったらクリッカーをならしておやつをあげます
6)ひざをたたいたり、犬の顔や耳の周りをさわって、犬がとびつきたくなる状況を誘発しても
7)とびつかないならクリッカーをならしておやつをあげます。
8)部屋の中に動いていっても飛びつかずについてきたら 
9)クリッカーをならしておやつをあげます

※一度ドアをあけて外にでます


10)また入ってきて、飛びつかないなら
11)クリッカーをならしておやつをあげます
12)こちらがジャンプしてみたり、しゃがんだり、小走りしたりしても
13)飛びつかずについてきたらクリッカーをならしておやつをあげます

※いろんな方法で飛びつきそうな状況を誘発します


14)それでも飛びつかずにいたらクリッカーをならしておやつをあげます
※おもちゃを振り回して飛びつきを誘発してみます


15)飛びつかないなら、クリッカーをならしておやつをあげます
16)飛びついてきたら、静止して何もしません
17)もう一度おもちゃをちらつかせとびつきを誘発して 飛びつかなかったら
18)クリッカーをならしておやつをあげます

執着をやめるようになっていきます。

お気軽にお問い合わせ下さい